インスタントラーメン
韓国のハイクオリティーなインスタントラーメン

健康意識、美容意識が高い韓国で、インスタントラーメンは「体に悪い」というのが、一般の人の考えです。

 

でも、口ではそう言いながらみんな実はインスタントラーメンが大好きです。実際韓国のインスタントラーメンはとっても美味しく、すでに韓国の一つの食文化ともいえるでしょう。

私の友人は、

「たくさんのニンニクを切らずに丸ごと入れてラーメンを作れば、毒素はすべてニンニクが吸収してくれるから大丈夫」

と言っていました。まるで説得力のない言葉ですが、彼はこの独自の考えを信じていました。

韓国のラーメンは太麺のものが多くモチモチした食感です。

インスタントラーメン

 

私の大好きなラーメンは「長崎チャンポン」。これ、名前は長崎チャンポンですが味は日本の長崎チャンポンと全く違います。色は白くてだいたい同じなのですが、かなり辛いのが特徴です。

辛いイコール赤い、が定番だった中で白いのに辛いこのラーメンはかなりのブームになったそうです。

もともとラーメンにこだわりも興味もなかった私ですが、韓国の長崎チャンポンにはハマりました。毎回友人に持ってきてもらうほどです。

ジャージャー麺とスパゲティをかけた「ジャパゲティ」も人気です。カップ焼きそばと同じ要領で作るのですが、お湯を全部切ってしまうのではなく少し残すのがポイントだそうで、その時の韓国人の表情は一応に真剣です。

ちなみに私には甘すぎてダメでしたが、私の日本人の友人はこれが大好きなので機会があったらお試しあれ。

食べ方も韓国らしいです。数人で食べるとき、大鍋で作り鍋ごと食卓にドンとおきます。それで、まるで味噌煮込みうどんを食べるかのように自分でお碗にとりながら食べるんです。

ご飯も欠かせません。ご飯がめいめいに取り分けられる時もありますが、簡単に済ませたい時はラーメンの鍋の横にご飯の入ったどんぶりが置かれ、食べたい分を自分でラーメンの上にのせて食べます。ラーメンでご飯を包むように食べてもOKです。

ラーメンだけでお腹いっぱいになるのに、どうしてご飯を食べたいんだろう?と不思議に思っていましたが、やってみると、ご飯がすすむ!

日本のインスタントラーメンでもやってみましたが、なにか違うんです。辛いからなのか、韓国のインスタントラーメンにはご飯がベストマッチです。

韓国ドラマでおなじみの、鍋のフタを取り皿代わりに使って食べるアレ、男性一人暮らし、などの場合はやる人もいるようですが、家でやってオンマー(お母さん)に見つかるとかなり怒られる行儀の悪い食べ方だそうです。

カップラーメンを食べるときにフタを三角に折って取り皿にするのも韓国風。「熱いから」が主な理由のようですが、上品なのかワイルドなのか微妙なところがまた面白いです。インスタントラーメン一つでこんなに韓国の日常が見えてくるって本当に興味深いですね。