ホールケーキ
韓国ではケーキも分け分け!フォークでパクパク!それが楽しい!

ホールケーキで盛り上がるのは万国共通。日本人だと切り分けて食べるのが一般的なホールケーキですが、韓国人はその食べ方がとってもアットホームなんです。

ケーキがテーブルの真ん中に置かれると、みんながフォークをもってスタンバイ。コーヒーもしくはワインをいれたら準備完了。一つのホールケーキをみんなでつついて食べるんです。

もちろん、かなり親しい間柄でなければこの食べ方はしないそうですが、日本だったら家族でもしませんよね。

 

ホールケーキ

 

しない、というよりその発想がない。パンをハサミで切る光景は見慣れていたので、もしもケーキをハサミで切るのならそれほど驚かなかったと思いますが、切り分けないのは私の想像を超えていました。

でもこれが楽しいんです。ポテトチップスをみんなでワイワイつまむ感じでとってもフランキーなスタイル。

その他にもいろいろな物をダイレクトに分け合います。カップのアイスクリームも同じことです。大きなサイズを数人の友達と一緒に食べます。

日本だったら恋人でもない異性の友人と二人で同じカップアイスを一緒に食べることはあんまりないと思います。もしあったとしたら、お互いに気まずいか、逆にちょっとラブラブになるかもしれません。韓国では普通すぎてなんとも思いません。

それから他にもペットボトルの飲み物。4,5人で遊びに行ったとします。そこで飲料水を買う場合、2リットルぐらいの大きなペットボトルを一本買うんです。飲むときにはみんな口をつけずに宙に浮かせた状態で回し飲みです。

実は今、私はこの技を練習中です。なかなか難しくてまだ成功は五分五分といったところです。傾けないともちろん水は出てこないし、うっかり傾けすぎると口からあふれます。その加減が難しいのです。

韓国人たちはみんな慣れているのでとてもスムーズです。ゴミも少なくエコですね。自分専用ボトルから飲むときも口をつけずに飲む人が多く、なぜそうするのかを聞くと、

「何となく習慣で」

だそうです。

ファーストフード店などのジュースやコーヒーを飲む時、フタを外せば基本誰が飲んでもいい、というような感覚も新鮮でした。

つまり、人が飲む時に使ったストローを使うのは失礼だけど、ストローがついているフタを外してカップから直飲みすればオッケー、という感覚です。

もちろん目上の人にこんなことはしませんが、韓国人が非常に重視する「タメ」となら、2,3回会議で会っただけの関係でも普通にできてしまいます。

韓国人は人とのつながりを本当に大切にします。私が韓国人のケーキの食べ方からかいま見ることのできたこの食文化は、まさに韓国人の人との接し方や関わり方をよく表していると思います。彼らの温かさや親密さを感じられる楽しい経験です。